P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仲間としての経営者

だれもが自分を「経営者」とみなして、基本的な「経営」責任であるものを
全面的に引き受けるといった組織をつくりあげて指導していく課題もある。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント上 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.469


今回は続きをアップします。

基本的な「経営責任」というのは、自分自身の職務や仕事仲間に対する責任、
組織全体の機能遂行と成果に対する自分自身の貢献に対する責任、
職場社会の社会的な課題に対する責任を指している。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。