P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事の分析

仕事には物に通用する原則が適用される。
仕事には論理がある。仕事を分析し、制御する必要がある。
【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント上 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.298


かつて 科学的管理法により、テイラーは仕事を分析した。
肉体労働者の分析を行った。

ここから私たちが学ぶべきことは、知識社会への移行に伴い、
知識労働者の仕事の分析を行うことである。
知識労働者の生産性を高める要素を理解することである。

その一つに時間がある。
詳しくは、「経営者の条件」で!

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。