P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

肉体から知識へ

自分で自分に動機づけ、自分の方向を決めていくのでなければ
生産的になれない。およそ生産するためには達成意欲をもたねばならない。
【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント上 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.290


肉体労働者には恐怖のマネジメントが使われていたとある。
しかし、知識労働者にとっては不可能である。
生産手段を保有しているのは、知識労働者であり、その
知識をどう使うかが知識労働者自身にゆだねられているからである。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。