P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

目標の要件-1

目標は行動の公約であり、それを通じて企業の使命を遂行すべきものである。
また、目標は基準であり、それに照らして成績が測定されるべきものである。
【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント上 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.160


上記からも目標は数値化などによる計測可能なものにする必要があることがわかります。

また、企業の使命を果たすための目標であり、マイルストーンのようなものに該当するのが
目標であることがわかりますね。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたしますアップロードファイル

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。