P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

堂々と儲ける

企業には適正な利潤を確保する義務があると思うのです。
その適正な利潤を確保するということによって、
企業が社会性を帯びてくると思うのです。
【出典】
松下幸之助/『商売繁盛12の心得』
PHP総合研究所/2009年/P.48


企業が利潤をあげることは、存続の意味でも重要であります。

上記のように、雇用の問題、社会保障の問題からも利潤をあげ、
その一部が国に税金という形で資金が流れることで、
社会的に意義ある存在となる。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたしますアップロードファイル

| 組織・経営系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。