P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知識社会の到来

知識と教育が就職のパスポートになったこと自体、
社会が変わったことを示す。

それは、ビジネスが成功のための主たる道だった社会から、
ビジネスがいくつかの道の一つにすぎない社会への移行だった。


【出典】
P.F.Drucker/『新しい現実』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/2004年/P.197


かつて生産手段は資本家が持っていた。
労働者は搾取される側であるという前提があった。

しかしながら、今は、生産手段になりうる知識は
労働者側にある。労働者が生産手段を持ちうる。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 新しい現実 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。