P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

継続型イノベーション

改善の目的は、製品やサービスを改善し、
二、三年後にはまったく新しい製品やサービスに
してしまうことである。


【出典】
P.F.Drucker/『未来への決断』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1995年/P.94


イノベーションには二種類あると、
 「イノベーションのジレンマ」の著者は言っています。

破壊型イノベーションと継続型イノベーションです。

破壊型イノベーションは、シュンペーターがつかっていた言葉のようですね。
継続型はおそらく、ドラッカーが初めて使った言葉だと思います。

トヨタの改善活動の原点ですね。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 未来への決断 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。