P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

支出配分

支出配分の変化こそ、あらゆる情報の基本である。
しかも、必要な情報のなかでは、むしろ手に入れられやすいものである。

経営戦略のための基本的な情報である。


【出典】
P.F.Drucker/『明日を支配するもの』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1999年/P.58


経営戦略策定時の基本情報として
ドラッカーは支出配分を指摘しています。

なるほど。。と思います。
組織であれば、現在、人件費が費用総額の50%が一般的であるといわれています。
それほど、人に依存している状態です。

コストのKSFは、人件費といえますね。
そして、このコストを費用とみるか、投資と見れるか・・・
この違いは大きいですね。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 明日を支配するもの | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。