P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何を中心に置くか

問題は成果についてのマネジメントの仕方である。

ちょうどオーケストラやフットボールの中心が音楽が得点であるように
人のマネジメントの中心となるべきものは成果である。


【出典】
P.F.Drucker/『明日を支配するもの』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1999年/P.24


よくマネジメント論では、いろいろな手法が語られていますが、
根本にある人が成果に焦点を合わせる体制でなければいけませんね。

何を中心に置くか、ここがずれてしまうとそもそもが崩れてしまいますね。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 明日を支配するもの | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。