P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見方・認識

認識の変化は事実を変えない。

事実の意味を変える。しかも急速に変える。


【出典】
P.F.Drucker/『P.F.ドラッカー経営論集』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1998年/P.201


般若心経では、
色即是空という表現がありますね。

事実は事実であって、そこに意味づけをするのは
私たち自身であると。

一度意味づけられたものは、一種のパラダイムとして
それを見るすべての人の認識に影響をあたえますね。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| P.F.ドラッカー経営論集 | 01:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

コメントありがとうございます☆

アンカリング効果は、別表現で”楔”という言葉に表されますね。
一度”楔”を打たれると、つねにそこからの思考になるそうですね。

また、見方・解釈は”パラダイム”という言葉がよく使われますね。
社会のパラダイムが変わるときこそが、私たちのいう
一般常識の変化するときといえるかもしれません。

ただ、その一般常識もそもそも、大多数の見方・考え方の
堆積であるならば、本質的なものが見えなくなってくる可能性が
高いですね。

ちなみに、ドラッカーは、社会生態学者とも言われています。
常に物事の本質を見抜く力がずば抜けていたのでしょうね。

ドラッカーの言葉を知ることで、より本質的な物事の見方を
学べると思っています。

また、好きなことばに
”成果をあげる能力は学ぶことができる”と
ドラッカーは言っています。
本質を見る力を養っていきたいですね。

| まつとも | 2008/10/01 18:14 | URL |

お久しぶりです

さいきん読んだ「経済は感情で動く」によると、他人の意見や
何らかの情報によって、自分のもの見方や解釈が歪められ
ることを「アンカリング効果」というらしいですね。

本当は世間一般の常識と言われているものが、実際には間違って
いてもおかしくはないはないのでしょうが…、
一度アンカリング効果が働いてしまうと中々抜け出せないみたいです。

自分もマスコミなどによって作られた情報に踊らされたくないと
思ってはいるんですが、中々うまくいかないものですね(笑)

| 六法全書 | 2008/09/30 16:05 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。