P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

組織自らの定義

第一に、環境としての市場である。
 すなわち顧客や競争相手の価値観と行動である。
第二に、自らの使命、目的である。
第三が、自らの強みと弱みである。

これらのものが、私が事業の定義と呼ぶものを構成する。


【出典】
P.F.Drucker/『P.F.ドラッカー経営論集』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1998年/P.154


ドラッカーは言います。
ほぼ多くの企業が”いかに”行うべきかをしっかりと行っていると。

しかしながら今問われていることは、
何を行うべきかである。つまり事業の定義が陳腐化していることに
気づかなければいけないということである。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| P.F.ドラッカー経営論集 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。