P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上から下へ

われわれが行ってきたことは、コミュニケーションの送り手、
とくに経営管理者、行政官、指揮官を、すぐれたコミュニケーションの送り手に
する方法の研究だった。

しかし、上から下へのコミュニケーションで可能なことといえば、
命令、つまりあらかじめ設定された信号を送ることぐらいである。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.226


コミュニケーションの技術はほとんどが発信者に視点をおいています。

コミュニケーションの原点は受け手にあるはず。

受け手にいかにコミュニケーションしてもらえるかがキーとなりますね。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。