P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

職の創出

重要なことは、単なる職場の創出ではない。

生産的な職場の創出である。

非生産的な職場や十分に生産的でない職場は、
生産的な雇用の障害となるだけでなく、生産的な雇用を破壊してしまう。


【出典】
P.F.Drucker/『乱気流時代の経営』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1980年/P.173


生産的な雇用の破壊は、組織の破壊につながります。

腐敗と怠慢が蔓延する職場の創出は、無であるばかりでなく、
有害である。組織にとってのみならず、その場にいる個人においても有害である。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 乱気流時代の経営 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。