P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1指示型のリーダシップスタイル

指示的行動が多く、援助的行動が少ない。

目標は何か、よい仕事とはどういうものかを指すかなどを
話して聞かせますが、さらにその仕事をどうやって完成するか
についての段階的な計画も立ててやるのです。問題も解決してやります。
意思決定をするのもリーダーです。


【出典】
K.Blanchard/『1分間リーダーシップ』
小林薫訳/ダイヤモンド社/1985年/P.40


指示型の要点ですね。

上に立つ人間は、下のものの成長に責任を持つ存在だと思います。

新入社員に対して、しっかりとした指導・指示をせずに
 その新入社員の能力を決定づけてはいけませんね。

しかしながら、多くの人が、しっかりとした指示・指導をせずに
 人を見極めているような気もしますが・・いかがなものでしょうか?

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 組織・経営系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。