P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事の大きさと不満要素

仕事の大きさが挑戦を受け能力を試すにはあまりに小さすぎるとき、
若い知識労働者は組織を去るか、さもなければ、
急速に不機嫌で非生産的で未熟な中年になってしまう。


【出典】
P.F.Drucker/『経営者の条件』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2006年/P.116


未熟な中年・・・

恐い一言です。

知識労働者をひきつける 何かがない組織では、
人は流出するもの。そして、その流出が経営者に
人はコストであり、投資するものではないという思考をもたらしている
と思います。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 経営者の条件 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。