P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

強みと弱み

大きな強みをもつ者はほとんど常に大きな弱みを持つ。

山あるところには谷がある。

しかも、あらゆる分野で強みを持つ人はいない。
人の知識、経験、能力の全領域からすれば、偉大な天才も落第生である。


【出典】
P.F.Drucker/『経営者の条件』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2006年/P.103


誰もが万能たりえません。

そして、全てを極める時間もありません。

しかし、組織内にいるということは、
 自己の弱みを埋めようと行動しなくても
  自己の強みに焦点を合わせて行動することが可能です。

逆説的ですが、組織は組織内にいる人の強みを
活かしてあげなければなりまさんね。

↓ランキング参加中★応援クリックを~アップロードファイル

| 経営者の条件 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。