P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

貢献が成果に結びつく

組織に属する一人ひとりの貢献がつながって、最終的に製品やサービスという
形となって顧客の元に届きます。一人ひとりの貢献が組織の成果の源泉です。
貢献の輪は、うまく顧客にまでつながっているでしょうか。そこにはどんな
顧客がいるでしょうか。その方向を示す第一のものが組織やチームの目標です。

【出典】
佐藤等編著・上田惇生監修/『実践するドラッカー チーム編』
ダイヤモンド社/2011年/P.86


成果がちゃんと顧客につながっているかを点検しなければいけません。
また、一人ひとりが自身の貢献、立ち位置を認識した活動を行っているかを
考える必要があります。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします!
ランキング一位を目指します。ありがとうございます

| 実践するドラッカー三部作 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。