P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

測定から意識の変化

指標が多いと、測定しているだけで安心してしまい、本来の趣旨が忘れられがちです。
目標達成に資する少数の指標を測定し続け、計画や行動の修正を徹底する方向に労力を
使う方が、はるかに有益です。
【出典】
佐藤等編著・上田惇生監修/『実践するドラッカー チーム編』
ダイヤモンド社/2011年/P.113


数値集計をすると、なんだか仕事をしたような気になってしまいます。
ただ、指標化する目的は、目標との差異を分析したり、推移分析を
したりするためのものです。

そして、行動に転嫁することが目的なのですね。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします!
ランキング一位を目指します。ありがとうございます

| 実践するドラッカー三部作 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。