P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生産性のコンセプト

肉体労働だけが唯一の生産的活動であるとする生産性のコンセプトではなく、
産出と業績をもたらすすべての活動を包含する生産性のコンセプトを必要とする。

【出典】
P.F.Drucker/『現代の経営』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2006年/P.57


会計学には直接的コストと間接的コストという表現がある。
しかしながら、この間接的コストがやっかいである。ここには
知識労働者のコストが含まれる。
固定費コスト削減が根本的な業績悪化につながるというのはここに起因する。

人の活動に着目しなければならない。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします!
ランキング一位を目指します。ありがとうございます

| 現代の経営 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。