P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

利益とは

利益が重要でないということではない。

利益は企業や事業の目的はなく条件なのである。
また利益は、事業における意思決定の理由や原因や根拠ではなく、
妥当性の尺度なのである。

【出典】
P.F.Drucker/『現代の経営』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2006年/P.44


ドラッカー教授は利益について興味深い話をします。

企業の役員に私欲のない天使が据わったとしても利益は追求するということ。

なぜなら、存続をしなければならないから。
存続しそこにいる人を雇用し続け、地域経済の発展に寄与しなければならないからである。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします!
ランキング一位を目指します。ありがとうございます

| 現代の経営 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。