P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マネジメントとは何か

マネジメントの機能を分析することによって初めて得られる。
なぜなら、マネジメントとは機関だからである。
機関は機能によってのみ説明され、明らかにされる。

【出典】
P.F.Drucker/『現代の経営』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2006年/P.7


マネジメント革命という言葉もある。

1800年代の生産性の拡大は、産業革命によってなされたと言われる。
1900年代はまさにマネジメントの時代であった。しかしながら、この
マネジメントについて体系的に説明された書籍は少ない。

ドラッカー教授は、マネジメントを体系的にまとめたことから、
マネジメントの大家と言われている。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします!
ランキング一位を目指します。ありがとうございます

| 現代の経営 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。