P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プライシングの問題

「顧客が製品に対して支払うものは、我々にYドルもたらさなければならない。
 しかし、顧客がどれだけ支払うかは顧客次第である。製品が顧客のためにできること
 次第である。顧客の事情に合うもの次第である。顧客が価値とするもの次第である。」

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.306


価格設定の問題がある。ここでいうYドルとは、製造コストつまり内部のコストのことである。
組織は最低でもかかったコストは回収しなければならないと考えているが、
そんなことは、顧客には関係のないことであることを認識しなければならない。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします!
ランキング一位を目指します。ありがとうございます

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。