P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

認識が行動を変える

この二十年間においてアメリカ人の健康に関して悪化したものがあるとすれば、
それはまさに健康と体形に対する関心の異常な増大であり、加齢、肥満、
慢性病、老化への恐怖である。
【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.103


多くの人の関心することが変わっている。つまり認識が変わっている。

そこに大きな市場が生まれることがある。

上記の例であれば、ダイエット食品などがいい例である。
美容系のものも考えられる。

広告は多くの人の認識を変えようとする。

認識は現実に起きたものを利用すること と 認識の変化自体を起こす という
ことが考えられる。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします!
ランキング一位を目指します。ありがとうございます

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。