P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

消費者の関心

消費者にとって重要なのは、全体のコストである。
コストが、原材料から最終製品にいたる一連の経済連鎖のどこで発生しているかは
まったく関心のないことである。
消費者にとっての関心は、得るものに対する支払いの総額である。
【出典】
P.F.Drucker/『創造する経営者』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.89


なるほど、確かにあたりまえのことですが、
ついつい経費など内部要因に目がいきがちですね。
顧客が喜んで支払っていただける対価という考えが重要ですね。
そして、それだけの価値を提供することが重要ですね。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします

| 創造する経営者 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。