P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

基本と原則

あらゆる事業に、世のため人のためという補助線を引いてみることである。
あらゆる意思決定に、世のため人のためという補助線を引くことである。
組織構造についても、透明さ、平板さという補助線を引いてみることである。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.88


この著作「ドラッカー入門」の中で一番好きな箇所かもしれません。

未来を予測することはできないとドラッカー教授は言います。

将来が不安定でありながら、将来のための意思決定を私たちは

大小ありますが、しております。

先が見えないからこそ、リスクを含みながら意思決定をしています。

だからこそ、その意思決定がよりよいものかどうかを判断する基準が

あるとよりよい意思決定ができるのだと思います。

ブログランキング挑戦中です★応援クリックをお願いいたします

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。