P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前提とすべきこと

イノベーションを行うには機会を分析することから始めなければならない。
イノベーションのための七つの機会を徹底的に分析しなければならない。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.157

≫ Read More

スポンサーサイト

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イノベーションが生きる道

イノベーションの方法として提示し論ずるに値するのは、目的意識、
体系、分析によるイノベーションだけである。成功したもののうち90%は
そのようなイノベーションである。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.157

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イノベーションの原理を知る

奇跡をいっさい認めず、単に科学的でないとして片づけることは間違いである。
それは現実に起こっていることである。
しかし、だからといってそれらの奇跡的な回復を医学書に載せ、医学生に
講義する者はいない。
【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.156

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

企業家と投機家の違い

計画的に行動する企業家は、明確な目的意識をもって、イノベーションのための
七つの機会を分析する。それら七つの機会についてだけでも、個人として、
あるいは、企業として、さらには公的機関として、なすべきことは十二分にある。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.153

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パラダイムの転換

科学上の新理論がパラダイムとなり、ほかの科学者によって認められ、
それぞれの研究に組み入れられるには三十年を要することを明らかにしている。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.122

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第七の機会

知識によるイノベーションは、その基本的な性格、すなわち実を結ぶまでの
リードタイムの長さ、失敗の確率、不確実性、付随する問題などほかの
イノベーションと大きく異なる。
【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.115

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一過性と永続性

認識の変化が一時的なものか永続的なものかはなかなか見極めがつかない。
したがって、認識の変化に基づくイノベーションは、小規模に、
かつ具体的に着手しなければならない。
【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.114

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見方と認識

認識の変化が起こっても実態は変化しない。
意味が変化する。
【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.109

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

認識が行動を変える

この二十年間においてアメリカ人の健康に関して悪化したものがあるとすれば、
それはまさに健康と体形に対する関心の異常な増大であり、加齢、肥満、
慢性病、老化への恐怖である。
【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.103

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

認識の変化

コップに「半分入っている」と「半分空である」とは、量的には同じである。
だが、意味はまったく違う。とるべき行動も違う。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.102

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

構造の変化の分析

人口構造の変化の分析は人口に関わる数字から始まる。
ただし、人口の総数そのものにはあまり意味はない。年齢構成のほうが重要である。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.99

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リードタイムを知る

それらの変化がもたらすものは予測が容易である。

しかもリードタイムまで明らかである。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.92

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人口構造の変化

産業や市場の外部における変化のうち、人口の増減、年齢構成、雇用、
教育水準、所得など人口構造の変化ほど明白なものはない。

【出典】
P.F.Drucker/『イノベーションと企業家精神』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/エターナル版/2007年/P.92

≫ Read More

| イノベーションと企業家精神 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。