P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知識労働者の道具

データ通から情報通へと進化するには、組織が
いかなる情報を必要としているか、
自分がいかなる情報を必要としているかという

二つの問いに答えなければならない。


【出典】
P.F.Drucker/『ドラッカー 365の金言』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/2005年/P.397

≫ Read More

スポンサーサイト

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イノベーションの能力

イノベーションを実現させるためには、
 欠けているものは何か、
  成果を一変させる一歩は何か、
   資源の能力を一変させる小さな変化は何かを
 問わなければならない。


【出典】
P.F.Drucker/『ドラッカー 365の金言』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/2005年/P.396

≫ Read More

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己完成

人間は自らを完成させることはできない。

「正しい原則」に自分の生活をどれだけ合わせるかにより
私たちの中に神の力が宿り、それに応じて、自分に本来
与えられた可能性を発揮することができる。


【出典】
Stephen R.Covey/『七つの習慣 名言集』/川西茂訳
キングベアー出版/1999年/P.391

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生について

人生は、いかに平俗に見えても、
またいかに、日常陳腐なもので容易に満足するように見えても、

やはり常に、あるより高い要求をひそかに抱き、
養い続けており、これを満足させる手段を探している。


【出典】
Johann Wolfgang von Goethe/『ゲーテ格言集』
新潮文庫/1952年/P.159

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔物の再現

自由が平等をもたらさないならば、
 自由を捨てる。

自由が安全をもたらさないならば、
 安全を選ぶ。

自由と安全が両立しないならば
 大衆は安全を選ぶ。


【出典】
P.F.Drucker/『ドラッカー 365の金言』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/2005年/P.392

≫ Read More

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己の態度について

自分の知っていることは自慢し、

知らないことに対しては傲慢に構えるものが少なくない。


【出典】
Johann Wolfgang von Goethe/『ゲーテ格言集』
新潮文庫/1952年/P.134

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己評価

人が実際の値打ち以上に思い上がること、
実際の値打ち以下に自分を評価すること、

ともに、大きな誤りである。


【出典】
Johann Wolfgang von Goethe/『ゲーテ格言集』
新潮文庫/1952年/P.134

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自制心

無制限な活動は、
どんな種類のものであろうと、
結局は破産する。


【出典】
Johann Wolfgang von Goethe/『ゲーテ格言集』
新潮文庫/1952年/P.132

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

社会的責任の限界

経済的な能力をわきまえずに、
 負担しきれない社会的責任を果たそうと
  するならば、直ちに問題が解決する。

(中略)
そもそも社会的責任のためとして不経済なことをするのは、
責任ある行動ではなかった。単に情緒的な行動だった。
損害をかぶるだけのことだった。


【出典】
P.F.Drucker/『ドラッカー 365の金言』/上田惇生訳
ダイヤモンド社/2005年/P.388

≫ Read More

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

現在・過去・未来

人間は現在を貴び生かすことを知らないから、

よりよい未来をあこがれたり

過去に媚を送ったりする。

【出典】
Johann Wolfgang von Goethe/『ゲーテ格言集』
新潮文庫/1952年/P.88

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気分がどうのこうのと言って、なんになりますか。
ぐずぐずしている人間に気分なんかわきゃしません。

今日できないなら、明日もダメです。
一日だってむだに過ごしてはいけません。


【出典】
Johann Wolfgang von Goethe/『ゲーテ格言集』
新潮文庫/1952年/P.86

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教師の技術

創造的な表現をすることと知識を得ることに
 喜びを感じさせることが、教師にとって最高の技術です。


【出典】
Jerry Mayer & John P.Holms/『アインシュタイン 150の言葉』
ディスカバー/1997年/P.91

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

体験学習

何かを学ぶためには、
 自分で体験する以上にいい方法はない。


【出典】
Jerry Mayer & John P.Holms/『アインシュタイン 150の言葉』
ディスカバー/1997年/P.84

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。