P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木こりのお話(汝自身を知れ)

今日はちょっと長いお話です・・・。

二人のきこりがいた。
 一番目の木こりは、休憩もとらず、全力を注いで
 多くの木を切ろうとしていた。
 誰よりも遅くまで木を切り続けていた。

しかし、二番目の木こりのほうが多くの木を切っていた。
一番目の木こりは二番目の木こり問いかけました。

 「君はどうやって僕よりも多くの木を切っているの?
  僕のほうが、朝から晩まで長時間一生懸命に働いている
  はずなのに。
  もしよければ、成功の秘訣を教えてくれないかい?」

二番目の木こりは、一瞬考えて言いました。
  「成功の秘訣なんてないけれど、僕は、どれだけ作業が
   忙しくても、時間を取って斧を研ぐようにしているんだ」

  <自分を磨く方法・自分を高めるより>

≫ Read More

スポンサーサイト

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感情移入と同情に関して

感情移入の本質は、
相手に賛成することではなく、
感情的にもその人のことを
性格に理解することである。
  <七つの習慣名言集>

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当たり前のことをすばらしくやる

 当たり前のことを素晴らしくやる!!!

駒大苫小牧の選手が素晴らしい結果を残した
秘訣はここにあります。

挨拶・整理整頓・日々のちょっとしたこと。。。

  <考える野球>

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自尊心を高める

自尊心を高める九つの方法
?学び続ける
?友人を注意深く選ぶ
?スキルを磨く
?自分を変える
?自分に対してポジティブに語りかける
?思い切る
?冷静になる
?現実的になる
?運動をする
  <自分を磨く>

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

進路を決めるのは自分自身

仕事を変え、キャリアを決めるのは自分である。
自らの得るべきところを知るのは自分である。

組織への貢献において、自らに高い要求を課すのも
自分である。


飽きることを自らに許さないよう予防策を講じるのも
自分である。
挑戦し続けるのも自分である。
  <仕事の哲学>

≫ Read More

| 哲学-四部作-遺言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

よい習慣を身につける

「人間はみな習慣の生き物だ」
習慣とは、特定の行動を何度も繰り返しているうちに
第二の性質となったものである。

いったん習慣が身につくと自動的に反応するようになり、
それについてあまり考えなくなる。
  <自分を磨く方法>

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さらにもっと努力する

成功の秘訣とは??
・・・答えは、もっと努力すること

自分が取り組んでいることで卓越した業績を
あげることによって初めて、人生における
本当の成功が可能となる。

卓越性を追求しなければ、あなたは自分の能力を
十分に発揮することができず、たいした業績をあげることは
できない。

卓越性の追求は決して妥協しないこと・・・
  <自分を磨く方法>

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネガティブな姿勢を取り除く

ネガティブな姿勢は心身の健康問題とともに
ストレスの増大につながる。

心を庭にたとえるならば、
心の姿勢は種だ。

種の種類によって、異なる実が成る。
ネガティブな種を植えれば、ネガティブな結果を
得ることになる。
  <自分を磨く方法>

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分を過小評価しない

私たちは自分が成し遂げられることを
心の中で限定し、最小限の努力しかしようとしない。

古代ギリシャの哲学者プラトンは
「最高の勝利は、自分を乗り越えることだ。
 自分に負けることはあらゆることの中で
 もっとも恥ずべきことである。」

  <自分を磨く方法より>

≫ Read More

| 哲学-四部作-遺言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

価値観に反する組織にいるべきではない。

得るべきところは、どこかを考えた結果が、
今働いているところでないというならば、
次に問うべきは、それはなぜかである。

組織が堕落しているからか、
組織の価値観になじめないからか。

いずれかであるならば、人は確実に駄目になる。
自らの価値観に反するところに身を置くならば、
人は自らを疑い、自らを軽く見るようになる。
  <仕事の哲学>

≫ Read More

| 哲学-四部作-遺言 | 01:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「価値のはかり方」

普通、寿命というものは時間で測りますよね?

でも、トイレットペーパーの場合、

寿命は長さで測る、という考えが成立します。

  <プチ哲学 より>

   つまり・・・

≫ Read More

| 哲学-四部作-遺言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あいさつの法則(ひめくりカレンダーより★)

あいさつの法則・・・

元気なあいさつは
自分を元気に
相手を元気にする

あいさつで”会社を変える”
あいさつで”学校が変わる”
あいさつで”家庭が変わる”
あいさつで”世の中が変わる”
  <夢がかなう日めくりカレンダーより>

≫ Read More

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人事の五つの手順

米陸軍参謀長のジョージ・C・マーシャル将軍は、
人事に五つの手順を踏んでいた。

?仕事の中身をつめた。
?数人の候補を検討した。
?候補者全員の実績からそれぞれの強みとするものを探した。
?候補者それぞれと働いたことのある者数人と話をした。
?任命した者に仕事の中身を理解させた。
  <365の金言 4/18>

≫ Read More

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。