P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マネジメントの評価基準(1/31)

知識ではなく成果こそ
マネジメントの目的であり、
能力の証明である。

マネジメントを評価する究極の基準は、事業上の
成果である。マネジメントとは実践である。
<ドラッカー365の金言>
この本「365の金言」では、一日一カテゴリーの下に
ACTION POINTとして、読者に質問が投げかけられています。
今回の質問は・・・
あなたはどのようにしてマネジメント上の成果を上げてきましたか。
今マネジメント上やめようと考えていることは何ですか。
です。
みなさんも、
お時間のあるときにちょっと考えてみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「収穫の法則」(1/30)

「収穫の法則」というものがある。
つまり、「蒔いたものを刈り取る」ということであって、
それ以上でも、以下でもない。

自然の法則は不変であり、
正しい原則に生活を合わせれば、合わせるほど、
我々の分別は高まり、世界の構造を理解でき、
パラダイム(考え方・見方)は正確なものになってくる。
刈り取る(成果を得る)ためにも、今の自分に出来る
種まきを行ない続けたいです。


自分への言い訳はいつでも出来ますしね
自分の成長を妨げるのは、自分自身

つらいときこそ、自分を変えるチャンスですよね

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

主体性を持つ(1/29)

主体性を持つということは、
率先力を発揮するだけではなく、
自分の人生に対する責任をとるということである。

私たちの行動は周りの状況からではなく、
私たち自身の選択によって決まるのだ。

私たちは感情を価値観に従わせることができ、
そして率先力の発揮によって物事を成し遂げる
責任を負っているのだ。
カスタマー(customer)
クライアント(client)の
言葉の違いでも重要では??

こちらから主体性を持って顧客と接していきたいですね。
そして、選択できるなら、いい選択をしていきたいですね
銭湯いってこよっかなっと

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MECEって?? (1/28)

Mutually(相互)
Exclusive(重複なく)
Collectively(包括的)
Exhaustive(網羅性)
の意味ですね。


”意識”してこの思考パターンをもっておきたいですね。
特に、網羅性は難しいですよね。

そのためにも”ロジックツリー”を
自分の頭の中に常に作っておきたいですね。

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

体系としてのマネジメント(1/27)

体系化されたことによって
はじめてマネジメントは役に立つようになった。

「現代の経営」によって、マネジメントの仕方、
つまりそれまでは、才能あるもの者だけが行なうことができ、
そうでない者にはできないと思われていたことが
学べるようになった。
<ドラッカー365の金言>

よく考えれば、スポーツでもルールがあり
練習することで上達できますよねぇ

経営は技術である・・・でしたでしょうか??

学べるものを学ぼうとしないのは損ですよね・・・

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

根本的な変化(1/26)

根本的な変化は、
インサイド・アウト(内から外へ)
(自分の内面から変えていくという考え方)
により達成できる。

応急処置的なテクニック中心主義で
行動などの”葉っぱ”をいじって達成できるものではない。

自分の考えの根源である”根っこ”をいじること、
自分の人格を定義し、世界を見るレンズを構成する
基礎的なパラダイム(考え方・見方)そのものを
変えることが大事。

自分の人格を定義すること
「どうせ私はこうだから・・・」では、自分を変えることは
出来ないですよね。

ついつい自分自身に言い訳をするのは、
まだまだ”修行”が足りない証拠・・・

出来ることからコツコツと・・・

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己再生(1/25)

ひさびさのドラッカーの書き込みです。

知識労働者は、自らの成長と配置に責任をもつ

今日の社会と組織では、ますます多くの人が、
技能ではなく知識によって働く。
知識と技能はあまり変化しない。
知識は変化する。
自らを陳腐化させる。
しかも急激に陳腐化させる。
・・・(中略)
人は変化していかなければならない。
新しい欲求・能力・世界観を持たなければならない。
<ドラッカー365の金言より>


技能 → 職人?
知識労働者 → 自らをマネジメント?
知識労働者として学び続けることは重要ですよね

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私的成功・公的成功(1/24)

私的成功
(高潔な人格と優れた能力の獲得)
は必ず
公的成功
(他人との協力関係による相互利益の獲得)
に先立つものであり、

種をまく前に収穫することができないように、
このプロセスを逆にすることはできない。
農場の原則ですね。
そして、「私は」パラダイムより
「わたしたちは」パラダイムの力のほうが強い
ですよね。

まつとものおまけ・・・
テスト等、結果のみを求められた子供には
プロセスによる成長の重要性は
伝わりづらいですよね・・・

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セオドア・ルーズベルト(1/23)

あなたの持てるものの中から
あなたのいる場所で、
あなたのできることをせよ。
BY Theodora Roosevelt

「フィッシュ」にも書いてありましたねぇ
”仕事を選ぶをことは、できなくても、
 どういった態度で仕事をするかを選ぶことができる”
でしたでしょうか???
(たしかこんな文章だった気が・・・)

まずは、今の自分にできることから
コツコツと・・・
コツコツ、コツコツ頑張れば、

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

孔子(1/22)

徳ある人を見たら
その人に並ぶことをめざせ。
徳なき人を見たら、
我が身を振り返り、自省せよ。
BY Confucius
人の振りみてなんとやら・・・ですねぇ。

   「鏡の法則」から・・・
      「私たちの人生の現実は、
         私たちの心の中を映し出す鏡である」

まずは、自分が変わることから・・・

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マハトマ・ガンジーとドラッカー(1/21) 

世界の不幸や誤解の四分の三は、
敵の懐に入り、
彼らの立場を理解したら
消え去るであろう。
BY Mahandas K. Gandhi

理解の欠如が問題を引き起こす要因に
なりそうです。
理解してから、理解される
この言葉、意識していきたいです
あのドラッカーですら次のように言っているそうです。
経営コンサルタントとして
私の最大の強みは、
何も知らないという前提で
相手に質問が出来るという点である。
BY Peter Drucker

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

理解してから、理解される(1/20)

回りの人との深く充実した人間関係を築くためには、
まず、相手の言葉を聴くことから始めなければならない。
そこでは、精神的な強さが要求される。
本当に人の話を「聴く」ためには、、忍耐、自制
そして相手を理解したいという気持ちなど、
高度な人格の要素が必要不可欠である。
低い人格しか持ち合わせていなくても、
格好良くアドバイスすることはできる。
しかし、本気になって相手の言葉を聴くという行為は、
それよりもはるかに難しいことである。


「聴く」という言葉が重要ですね。
「聞く」との違いを明確にしています。

そして、私自身の体験談としても、
人ととの不調和の原因は、
私自身の人格レベルの低さが原因なのが
多々あります。
ついついテクニック(個性主義)に走ってしまい、
その場しのぎの対応で解決しようとしていたんですね

ご迷惑おかけしてますが、
    「まつともは、困っているんじゃなくて、
     学んでいるんだなぁ」(BY 斎藤一人さん)
と暖かい心で見守ってあげてくださいねぇ

| 自己啓発・開発系 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

組織の評価基準(1/19)

組織は、自らのために存在するのではない。
組織は、手段である。

組織の目的は、人と社会に対する貢献である。
したがって、活動の評価基準は自らの外にある。
あらゆる組織が自らの目的とするものを明確にするほど力を持つ。

<365の金言より(1/18)>
うまくコメントできないので
他の本から言葉を拝借・・・
ビジョナリーカンパニーにとって
「利益を最大限に高めること」は、
大きな原動力でも、最大の目標でもなかった。
(中略)
経済上の目的を越えた基本理念を持っている。
<ビジョナリーカンパニーより>
なるへそぉ
利益は、継続の条件でしたでしょうか・・・
組織には、社会的な責任が求められますよね・・・

| ドラッカー365の金言 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。