P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界のリーダーたる日本

日本の組織が、人と人の絆を大事にする素晴らしい社会をもたらす存在に
なること、それがもし出来たら、世界中の人たちが、組織というのは
日本のもののようであってほしいと願うようになる。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.185

≫ Read More

スポンサーサイト

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

組織と人との関係

自らが所属する組織よりも長生きするようになる。
ドラッカーはまずこのことを前提として人生を設計しなければならないという。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.171

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

捨象すること

論理だけではだめである。

論理は相対的に最も太い線を捉えて抽象するにすぎず、
多くのものを捨象する。今の世の中には捨象してよいものなどない。
だから見ることが大事である。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.168

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年始の問い

選択肢を前にした若者が答えるべき問題は、正確には、何を
したらよいかではなく、自分を使って何をしたいかである。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.164

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

並みと一流と超一流

ドラッカーは、無能を並みの水準にするよりも、一流を
超一流にするほうがはるかに簡単だという。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.163

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これからの知識社会

知識社会とは、知識の力が役割を果たす社会である。
それは、年齢に関わりなく高等教育への道が開かれていることが、
社会的な要請になっている社会である。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.161

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

貢献が成長を促す

人は自らに多くを求めるようになり、他人に多くを求めるようになる。
人は自らに求めるものが小さければ、成長しない。

他人に求めるものが小さければ、他人も成長しない。


【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.159

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

貢献について

なすべき貢献を考えるならば、組織としての目的、
さらには使命に思いをめぐらさざるをえなくなる。
当然、組織の外の世界、顧客の視点から考える。

その瞬間、仕事の質が変わる。


【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.158

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事と自己実現

仕事ができるだけが能ではない。
しかし、成果をあげられないのでは自己実現もない。
仕事中はぼんくらで、夜になって趣味の世界で自己実現するという方が難しい。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.155

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パラダイム

ドラッカーは現実を見る。
常識、通念、パラダイムにとらわれない。
それどころか、パラダイムの方を精査する。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.149

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

企業規模のマネジメント

会社にせよ、事業にせよ、大きくなること自体が目的ではない。
事業の種類を多くすることが目的でもない。明日さらに優れた事業をするために
質と量と種類において成長する必要があるというにすぎない。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.147

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーダーの心得

リーダーたる者は献身しつつ個たりえなければならない。
そのとき仕事もうまくいく。自らを仕事の外に置かなければならない。
さもなければ、大義のためと称して、自らのために仕事をすることになる。
自己中心的となり、虚栄のとりこになる。

【出典】
上田惇生/『ドラッカー入門 万人のための帝王学』
ダイヤモンド社/2006年/P.138

≫ Read More

| ドラッカー入門 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。