P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マネジメントの本質

経営陣には、自分の組織体が機能して社会的に貢献できるようにするために
遂行しなければならない課題が三つある。
1 その組織体に特有な目的と使命
2 仕事の生産性をあげて、労働者に達成意欲を与えること
3 社会的衝撃と社会的責任を管理すること

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.727

≫ Read More

スポンサーサイト

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

継続学習

革新的な組織は、企業全体に、学習の雰囲気をみなぎらせておくことが必要である。
そういう雰囲気は、継続学習を生み出し、維持する。
【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.706

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

革新を生む姿勢

革新的な組織を、つまり変化が例外でなく規範であり、脅威ではなく
機会になるような組織を創造し、築き上げ、維持するための挑戦として
問題を受け止めることである。
【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.703

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

革新の意味

革新する組織は、まず第一に革新の意味を知っている。
革新が科学や技術ではなく「価値」だということを知っている。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.687

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

革新を求める

革新が要求されている時代に、革新することができない
既成企業は、衰退し、消滅する運命にある。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.684

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

距離の問題

多国籍企業は、国境を自らの規定とアイデンティティの一部としてではなく、
偶然であり制約であるとみなしている最初の没国家的な組織体である。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.606

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

業務提携の原則

「娘のつれあいを見つけるときには、だれが娘の一番よい夫になるかを考えるな。
娘がどんな男のよい妻になるかを考えろ。」

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.572

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラッカーの法則

複雑さは、
「何か一つのことがうまくいかなくなると、何もかも
うまくいかなくなる、それも同時に」という法則である。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.505

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多角化神話

これまで長期にわたって広く保持されてきたのが、多くの分野に
「多角化する」企業は、一定分野に集中する企業よりも業績が
あがりそうだ、という信念である。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.503

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

官僚的

大企業は官僚組織に成り下がり、成果を上げるよりも
慣例を守ることが大切になり、手続きが生産性と
取り違えられるようになる。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.470

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

筋肉と脂肪

中企業の規模は、間違っても脂肪を筋肉に、事業量を業績に、
それぞれ取り違えないよう多大の注意を支払わなければならない。

【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.466

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小企業の制限

小企業は限られた資源しか持ち合わせていない。
とりわけ優秀な人材には限りがある。したがって小企業にとっては、
集中化が必須不可欠である。
【出典】
P.F.Drucker/『マネジメント下 課題・責任・実践』
監訳者:野田一夫・村上恒夫/ダイヤモンド社/1974年/P.455

≫ Read More

| マネジメント | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。