P.F.ドラッカー教授に学ぶ/”まつとも”の一日一ブログ

~P.F.ドラッカー教授の著作から真摯に学び、そして、その学びから成果をあげるためのブログです~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すでに起こった未来

この変化は、社会の期待、価値観、構造、雇用に対して、
どのような影響を与えるか、と私は自問した。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.318

≫ Read More

スポンサーサイト

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「耳を傾けよ」

「耳を傾けよ」という考え方の根本には、コミュニケーションは
下から上に向かって行わなければならないという認識、
あるいは、コミュニケーションは送り手ではなく
受け手からスタートしなければならないという認識がある。

これらの認識こそ健全であり、かつ決定的に重要である。


P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.229

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上から下へ

われわれが行ってきたことは、コミュニケーションの送り手、
とくに経営管理者、行政官、指揮官を、すぐれたコミュニケーションの送り手に
する方法の研究だった。

しかし、上から下へのコミュニケーションで可能なことといえば、
命令、つまりあらかじめ設定された信号を送ることぐらいである。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.226

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知りたいことだけ知る

人間は知覚したいと思うものを知覚する。

見たいと思うものを見、聞きたいと思うものを聞く。

(中略)
コミュニケーションを成立させるためには、コミュニケーションの受け手が、
何を見ることを期待し、何を聞くことを期待しているかを送り手側が知らなければならない。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.219

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知覚の範囲内かどうか

「文章の難解さは、そのもとになっている思考の混乱を意味する。
 したがって、整理すべきは文章ではなく、思考である。」


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.216

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

受け手の言葉

ソクラテスは、人は相手の経験に合わせて言葉を
使わなければならない、つまり、大工には大工の言葉を
使わなければならないと言っている。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.215

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知覚すること

音波を知覚する者がいなければ、音は存在しない。
音は知覚によってつくられる。

そして、この音がコミュニケーションである。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.212

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しい制度

我々は、新しい課題のための新しい制度、
つまり技術的な変化がもたらしつつある新しいニーズと
新しい能力にふさわしい新しい制度を構築するという
重大な課題に直面している。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.200

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

技術の変化

技術の大きな変化は、それまでの制度的な仕組みを陳腐化させてしまう。

それは、コミュニティ・社会・政治のためのまったく新しい制度を要求する。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.194

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鏡の中の自分

組織社会とは、個人としては重要でもない無名の多くの
人々が目立ち、社会のリーダーとして重要な役割を果たす社会である。

したがって分別の倫理と自己啓発が強調される社会である。

そして、経営管理者や専門家に対して、人々が尊敬しないような
行動を避けさせ、朝、鏡の中に見たいと思う人物像にふさわしい
行動をとることを求める社会である。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.162

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

模範となること

いかなる組織においても、エグゼクティブは模範を示す。

彼らが、組織とその中にいる人間のための基調を定め、精神をつくり、
価値を決定する。換言するならば、彼らは正しく、あるいは間違って人を導く。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.150

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーダーとは

トップは目立つ存在であるが故に手本でもある。

彼らは地位にあることと目立つことによってリーダーである。


【出典】
P.F.Drucker/『すでに起こった未来』
上田惇生訳/ダイヤモンド社/1994年/P.148

≫ Read More

| すでに起こった未来 | 01:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。